木の勉強会を開催しました

1月18日(土)に実施致しました木の勉強会では、三浦製材が行っている、各建材毎のカビ実験の結果と、建材を使用する際は建材の単体でカビが発生するしないを考えるよりも、複合的に空間をプロデュースすることによるカビを抑えたり、室内空気環境をよくするということを結論づけてお話しました。

また、第二部は、木造建築の新たな用途として、三浦製材が取り組んでいる、非住宅の木造化について、

第三部では、木の不思議、どうして腐らないの?と題して、お城の石垣のまだ下部にある胴木の話、水中乾燥、沈木、水中貯木、水面貯木や神代木について。

第四部では、銀行や各会社の営業マンからは絶対に聞けない、教えてもらえない新築検討時の資金計画をお話しました 。

(下の写真、140000・1000・0)何の数字だかわかりますか?

前の記事

e-BIOの出荷