「木のコンビニ」

ちょっと棚板が欲しい。
手頃な端材を探している。
木はすごく身近なものなのに、欲しい時にない。
ホームセンターで探しても、意外と望みのものがない。
家具屋さんだと敷居が高い。
しかも結構なお値段がつく。

そんな時に。
木で作るものは、もっともっと身近に感じてもらいたいから、気軽に相談してほしい。

大丈夫。売りつけたくても売るものはない。作るんだから。安心して遊びにこれる。
そして、お客さんと一緒に考える。作る。

合言葉は「お気軽に」

木のコンビニにはルールがない。なんでも作ってしまうから。
無い物は作る。単純。そしてこれがホントに楽しい。

木のことで欲しい物があれば作ります。
これがすごく楽しい。
みんなが楽しい。
木を扱うことで気がついた、大切なこと。


木材を売っていたり、家を売っていたりすると、いつのまにか商品=モノを売ってしまっている。
「暮らしを提案します」とか言ってるのに。

物売りになると、売る方も買う方も面白くない。

「木と遊ぶ。木と戯れる。そんな感じ。」

自分たちが楽しめるから、好きなものを注文してほしい。
笑いながら、時には作り方を考えて、しかめっ面をしながら。
そしてちゃんと面白いものが出来上がる。

がんばれば、お客さんの笑顔が見れるから。

気軽に相談できるのは、製材ができる木材屋だから。

店長 無垢のおっちゃん